英会話の勉強と友達作りのために、最近ランゲージエクスチェンジを始めました。
ランゲージエクスチェンジとは、違う言語を母語とする人同士が知り合い、お互いの言語を教えあうというものです。

私の場合は、私が相手に日本語を教えて、私は英語を教えてもらいます。

学校では教えてくれなかった、ネイティブの自然な会話文を教えてくれるし、気が合えばいろんな話をすることができるので、とてもいい学習方法だと思います。
海外在住なのですが、日本にいるときにもこれを利用すればよかったと後悔しています。

ところが、今まで日本語を教える経験がなかった私にとって、日本語を教えることがこんなにも難しいことだとは思っていませんでした。
動詞の変化ひとつとってもなんでこう変化するのか、考えたこともなかったことを質問されることもあり、答えられないことがたくさんあります。
しかも英語で教えないといけないので、説明するのも一苦労です。

話せるからといって教えられるとは限らないことを、身をもって感じることができました。
それでもせっかく出会って日本語の勉強をがんばっている相手に、少しでも理解してもらいたいので、日本語の教え方の勉強も少しずつしています。

当たり前に話していた日本語が、実は複雑でいろんな特徴を持っていることを知り、日本語の美しさやおもしろさを感じているところです。